取り扱いに注意が必要なものは空調設備が整っているところを選ぶ

Share

トランクルームの環境を確認

取り扱いに注意が必要なものを預ける場合、置きっぱなしにしているとカビや湿気などで荷物が駄目になってしまうかもしれません。大切なものを保管するなら、空調設備がしっかり整っているトランクルームを選ぶのがおすすめです。トランクルームといっても、全ての施設に空調が整っている訳ではありません。トランクルームを契約する前に、必ずどのような空調設備が備わっているかチェックしましょう。なお、空調設備が整っているトランクルームは他の施設と比べて、利用料金が少し高く設定されている可能性があります。365日24時間温度や湿度が一定に保つために、通常の利用料金に管理費用が上乗せされているからです。特に取り扱いに注意する必要がない場合は、空調設備の有無を気にせずにリーズナブルな価格帯のトランクルームを選ぶのが良いでしょう。

空調設備を気にするなら屋内型トランクルームを選ぶ

トランクルームは大きく分けて、屋内型と屋外型の2種類があります。空調設備が整っているトランクルームを利用したい場合は、基本的に屋内型トランクルームを選ぶようにしましょう。屋内型トランクルームは空調設備が整っていることはもちろん、各トランクルームや建物のセキュリティがしっかりしているのが特徴です。十分に換気が行われるので、温度や湿気の影響を気にせずにアイテムを保管できます。一方、屋外型トランクルームの場合は、基本的に空調は備わっていません。また、各トランクルームに鍵をかけることはできますが、屋内型と比べてセキュリティが厳重とはいえません。取り扱いに注意が必要な大切なものは、空調設備がある屋内トランクルームに収納するのが良いでしょう。

レンタルコンテナを借りる際には、サイズをチェックすることが大切です。保管する品物に応じて、適切なサイズを選択しましょう。